マンションにも浄水器を備えよう|メリットがいっぱい

  1. ホーム
  2. ミネラルウォーターの種類

ミネラルウォーターの種類

ペットボトル

おすすめの水は

天然水にはさまざまな種類がありますが、詳しくない人にとってはどれも同じに見えると思います。ではどのような点に注意して選ぶとよいのでしょうか。また、ペットボトル天然水でよく見るバナジウムを含んだミネラルウォーターについても見ていきます。天然水を選ぶ際に注意することは硬度とpHの値です。まず硬度ですが、これは水1Lにカルシウムとマグネシウムがどれくらい含まれているかを表す指標で、一般に硬度が120以上のものが硬水、それ未満のものが軟水と言われています。硬水の良い点はミネラル分が多いことで、水分補給に適しています。一方で、軟水はミネラルが少ない分まろやかで、癖がないので和食やお茶、紅茶などの風味が繊細な料理に使うことができます。ところで、天然水にはカルシウムやマグネシウムだけでなく他のミネラルも含まれています。中でも注目したいのがバナジウムです。バナジウムは体内でインスリンに似た働きをします。そのため、インスリンの代わりに血糖値を引き下げてくれます。また、血糖値を下げることで他にも効果があります。血糖値が下がると血流がよくなります。そのため腎臓に流れ込む血液の量が増加するので、デトックス効果が見込めます。さらに、血流がよくなるとむくみが起こりにくくなるので、美容にも効果があり、女性にもお勧めです。このような素晴らしい効果のあるバナジウムですが、摂りすぎると体に悪いという研究報告もあるので注意しましょう。また、水道水にバナジウムは含まれていないので、ぜひ試してみたいという人は市販のバナジウム天然水やウォーターサーバーを利用してみてください。